中小企業経営者への提言

並の企業を一流に変えるには、しかるべき人材、すなわち仕事と職場に興味を示してくれる人たちを集め、彼ら彼女らに末永く働いてもらう組織能力が必要である。(by タマラ・J・エリクソン)

はっきりとした事実がある。企業が成長し続けるためには、若い人材必要である。そして、もう一つの事実「若者が育たない企業に、若者は魅力を感じない」「若者が魅力を感じない企業に、若者は定着しない」。
この国では、2020年を機に「若く質の高い労働力」の確保が加速度的に困難になろうとしている。2020年には、労働者の4人に1人が45歳〜55歳になると言われている。日常的に人材の確保に苦慮している中小企業経営者達は「2020年問題」に、そして、それ以降も深刻化するであろう「人材確保の問題」にどの様に対処していくつもりなのであろうか?
中小企業の人材問題に関わってきた10数年間の経験を振返り、私は以下に述べることを声を大にして提言したい。

最近の若い者は「働く意欲が無い」「仕事への意識が低い」等と従業員を揶揄したり「俺たちの若い頃はこうだった、ああだった」とノスタルジーに浸っている場合ではない。
必要なことは「人材の変化を悟り、受け入れ、変化に対応する」ことだ。ダーウィンの格言を借りるなら「生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。」であるからして、人材の変化に対応できない企業は滅びるという事になる。
先ず以て、社会、マーケットが大きく変化している事に異論を唱える経営者は居ないだろう。社会の変化は「人」そのものの変化を意味する。では、人材の「何」が変ったのだろうか? 
「従業員たちは、会社で働く事が、全てにおいて最優先ではない」と考えている事である。ここに大きなギャップが生じる事は、お解りであろう。「仕事が全てにおいて最優先である事業者」と「会社で働く事が、全てにおいて最優先ではない従業者」には乖離が生まれる。

材の変化とは教育環境、教育方法が大きく変わっている。それは、企業にとって「人材の変化」を意味する。具体的な例の一つあげてみよう。
教育現場では、画一性よりも多様性を尊重する環境へと移行している。それにともない、文化的自己感も相互協調的自己感から相互独立自己感を持つ人が多くなってきている。
集団目標より個人の目標や欲求が優先される
文化的自己感の変化である。日本は、相互協調的自己感の文化圏であるが、相互独立自己感を持つ人が多くなってきている。
集団主義から個人主義を重視、画一性から多様性の尊重等が挙げられる。
企業は、その事からすると真逆の集団である。
人間の考え方や精神的に変化する。職業、仕事に対する考え方、アプローチの方法は明らかに変ってくる。

経営者と従業者との大きな違い ライフスタイルが。事業が生活の基盤となっている

優秀な人材の確保が難しいくなるのであれば、従業員の一人びとりの生産性を高めるしか方法はない。
生産性を上げるためには、能力だけでは生産性を上げる事はできない。
知識を習得する、 全ては、従業員の モチベーションが重要になる。心理的エネルギーが無ければ、行動を起こし持続させることはできない。
こうした職場、企業にするために何が必要なのか

優秀な人材の確保が難しいくなるのであれば、従業員の一人びとりの生産性を高めるしか方法はない。
生産性を上げるためには、能力だけでは生産性を上げる事はできない。
知識を習得する、 全ては、従業員の モチベーションが重要になる。心理的エネルギーが無ければ、行動を起こし持続させることはできない。
こうした職場、企業にするために何が必要なのか

業務カレンダー

2017年10月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031